店長から皆様へ

 

トリミングサロンwappy店長の塩出です。

 

この度は急なお知らせになり誠に申し訳ありませんでした。

とても残念なかたちとなり、

皆様にも大変ご迷惑をおかけしてしまい心が痛む思いです。

 

少し長くなりますが少しお付き合いいただけたら嬉しく思います。

 

私が生まれると同時に家族が犬を飼い始め、物心ついた時から

動物がいることが当たり前の生活でした。小学校2年生からは猫も迎え入れ

ずっとそばには動物たちが寄り添い、一緒に過ごす環境にありました。

もうその犬猫は虹の橋を渡りましたが今では自身の家に2匹、

実家には犬が1頭いて今も動物とともに生活しています。

 

私が家以外で動物と関わるようになったのは

動物病院での勤務でした。きっかけは小学校2年生の時に

迎え入れた猫の死でした。病院に連れて行くまもなく亡くなってしまいました。

7歳という短い生涯を終えました。中学生だった私は早すぎる死についていけず、

病院に連れて行かなかった親を責めました。両親に悲しみを怒りに変えて

ぶつけることしかできませんでした。

 

「なぜあの子は亡くなってしまったのか」

 

ずっと後悔は消えませんでした。

虹の橋を渡ってしまったので原因を突き止める事はできなくても

どうしてもうちの子が亡くなった原因であろうものをを知りたいと思うようになりました。

動物病院で勤務すれば、何かしらわかるだろう。と安易な考えでした。

 

動物病院で勤務をして行く中でたくさんの動物たちに出会いました。

それは自分が思うよりも悲しく、受け止めきれないこともありました。

でも動物たちに関わることや家族として迎え入れている様子を見て

やはり自分も動物たちと共に過ごし、力になりたいと思うようになりました。

うちの猫の原因はわかるはずはないにしても

自分の中で「こうだったのかもしれないな」と踏ん切りをつけることができました。

 

動物病院の勤務を境に私は「動物と関わった仕事がしたい」と

強く思うようになりました。しかし、私自身が体調を崩し

入院をした関係もあり、退職せざるおえない状況になってしまったことから

一度動物と関わる仕事から離れることとなりました。

 

トリミングサロンwappyの会社である株式会社CONFELは

福祉事業を中心に行っており、豊橋市・豊川市・豊田市にて

放課後頭デイサービス(児童福祉)の事業所を展開しております。

今でも私も児童福祉に携わり、子供たちの安心安全、自立を目指しながら

携わらせていただいております。

 

その会社の中でオープンさせていただいた

「トリミングサロンwappy」

わんちゃんたちが何気ない日々をもっと豊に

そして綺麗な肌で、健康を保てるように

私個人としてたくさんのわんちゃんと出会い

可愛い笑顔を見せて欲しいなと思い

わんちゃんがハッピーになるお店「wappy」と名付けました。

 

 

たくさんの方がご利用して頂き

たくさんのわんちゃんに出会うことができ

一緒に遊んでくれたわんちゃんに元気をもらったりと

本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

本当に感謝しております。

 

たくさんの思い入れのある場所です。

私にとって大事な場所です。

 

残念な気持ちでいっぱいですが

個人的にまたわんちゃんやご家族の方と関われるよう

一生懸命考えて参りたいと思います。

私にとってご家族やわんちゃんたちに会うことが

何よりも元気になり、落ち込んだときでも

会って笑顔を見ることで本当に心が軽くなりました。

 

 

トリマーとして皆様にサービスをご提供する事は難しくなりますが

皆様に会える場所、サービスのご提供ができるように

今後も務めて参りたいと思います。

 

 

また7月はセルフウォッシュとして予約制にはなりますが

皆様に場所のご提供をさせて頂きたく思います。

わんちゃんとシャンプーを通じてのスキンシップの場として

ご利用いただければ幸いです。

 

皆様に出会い、関われたこと本当に感謝いたします。

wappyを選んでくださり本当にありがとうございました。

 

まだ6月末までは予約を承っております。

7月のセルフウォッシュについても近日中にInstagramやHPにて

発信させて頂きますのでご確認よろしくお願いいたします。

 

長文にお付き合い頂きまして本当にありがとうございました。

 

 

店長:塩出

 

 

前の記事

大切なお知らせ