無麻酔歯石除去について

 

近年素人(民間資格をもった素人など)が無麻酔歯石除去を行っているトリミングサロンやサービスが増えています。
しかし無麻酔の歯石取りは「犬を危険に晒す行為」であり、日本獣医学会も警鐘を鳴らしています。
→該当ページはこちら

目視できる範囲の表面を綺麗にすることはたいして意味はありません。

覚醒している状態の犬に対して歯周ポケットや歯槽骨などの状態を確認・ケアすることは不可能です。見えるところの歯石を除去したところで、歯周病の治療にも予防にもなりません。

もし獣医師免許を持っていない方が「歯周病予防や治療」を謳って無麻酔歯石除去を行っているのであれば、それは違法行為(厳密にいえばグレーゾーンだが、法の規定をクリアした施術を行うのはかなり難易度が高い)です。

最近では、「麻酔のリスクがないので安全」と謳う業者やトリミングサロンで無麻酔歯石除去を行っている所が多い現状…
実際に死亡事故も起きています。

(都内では歯科専門の動物病院にもかかわらず無麻酔歯石除去を行っているケースもあるらしい…)

 

メリット…見た目が綺麗になる

デメリット…押さえつけることによる精神的ストレス及び頸椎、腰椎へのダメージ、吸引器を使用しないことによる誤飲(肺へのダメージ)、歯茎を傷つけた場合の細菌感染の危険など…

 

麻酔下でのデンタル処置はまず

①口腔内専用のレントゲンで歯茎の中に埋まっている部分を隅々まで可視化します(歯の本数が足りないコは遺伝的欠歯なのか、それとも歯茎の中に埋まったままなのかチェック)。

そして歯石や歯周病がどこまで進行しているか見極めたうえで、

②歯石を除去するのか歯を抜くのか判断していきます。歯石除去も歯周ポケットの奥までやります。麻酔なしでは絶対に出来ません。痛んだ歯肉も除去します。

③その後表面を研磨するなどしてオペ終了となります。

スケーリングすると歯石がつきやすくなる、といいますが、スケーリング“しか”していないのでつきやすくなるだけで本来は工程の多い作業なのです。
歯科に強い病院さんは限られますが、もし歯石除去を検討しているのであればかかりつけの病院にどこまで処置をしてくれるのか相談してみて下さい。

無麻酔歯石除去を推奨する理由がほぼありません。
愛犬を危険に晒さないためにも、正しい知識を身につけ、見た目のキレイさだけに騙されないようにしてくださいね!